アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > スタッフィ/ライブドアクレジット/イコールクレジット > イコールクレジットの評判をチェック!!申込を考える前にぜひ!!

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

スタッフィ/ライブドアクレジット/イコールクレジット

イコールクレジットの評判をチェック!!申込を考える前にぜひ!!

イコールクレジットを利用した人の声を見てみると、いろいろなことがわかります。役立つ口コミはもちろん、おもしろい口コミもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

イコールクレジットの良かった点

・対応者が丁寧で、初めてでも安心できた
・申し込み、審査、借入がスムーズにできた
・対応が迅速
・聞かれたのは必要最低限のことだったので少しホッとした
・年収が少ないが借りれて安心した。本当に助かった


こうして見てみると、対応してくれた方(ほとんどが女性のようですが、親切丁寧という意見が多く見られました。また、審査から借入までの対応も早く、必要書類を送付後、午前中の内に振り込まれていたという方もいます。

電話確認の際も、聞かれることは必要最低限のことだけで、余計なことまで聞かれないのは安心ですね。また、他社からの借入がある場合でも通ったので安心したという方もおり、生活などに困っている方には助けになったのではないでしょうか。


イコールクレジットの不満点

良い点もあればもちろん不満な点もあります。それぞれ見てみましょう。


・お試し審査は80〜100万の借入が可能と出たのに、借りられたのは30万円だった
・お試し審査の基準がわからない
・電話対応がよくない
・枠が大きく低金利と言うが、実際は違うように感じた
・審査は甘いと聞いていたが否決された


不満の声を上げられる方はほとんどの方が否決の方でした。

お試し審査でいくら借入できるか、可能か見ることが出来ますが、あくまでもお試しです。


これは知っておいたほうがいいと思いますが、お試しなどで借入可能、100万円くらいまで借入可能と言われても、実際の書類審査等で借入できなかったり、減額されることはあります。


キャッシングできるのは年収の3分の1までと法律で定められています。


たとえば年収300万円で、他社からの借入が50万円あった場合、借入額の上限は100万円ですので、100万円−50万円で、新規の借入は50万円までしかできないのです。年収の3分の1は、1社だけではなく、複数の会社から借り入れている場合は、全部合わせた金額となりますので、覚えておくといいでしょう。


また、通称ブラックリストと呼ばれるものに入っている場合も借入できないことがあります。他社からの借入を隠しても、現在は誰がどこからいくら借りているかを個人信用情報機関で知ることが出来ますので、隠すことはできないのです。


お試し審査はあくまで借入可能かどうかの判断材料として使うといいかもしれません。


また電話対応ですが、この方は結局否決となりました。

明らかに対応がもたついていたり、声が暗かったりとした場合は会社の教育に疑問を感じますが、結果によって人間の心理が左右されている場合は別です。


金利を比較してみよう

そして金利ですが、イコールクレジットの金利は6.5%〜17.5%です。


他社を見てみると

◆イコールクレジット:6.5%〜17.5%
◆アコム:7.7%〜18.0%
◆プロミス:4.5〜17.8%
◆アイフル:6.8%〜18.0%
◆レイク:9.0%〜18.0%

といったように、確かに金利は低めのようです。


最低金利はプロミスのほうが低いのですが、上限はイコールクレジットの方が低いです。

金利も、たとえば100万円借りたとしたらイコールクレジットが100万円×17.5%÷12ヶ月で月1458円となり、実質低いといえるでしょう。


ただし、ネットを利用したキャッシングの方が金利は低いようですので、普段ネットを利用している方には高いように思えるかもしれません。そして借入可能上限額は300万円です。


確かにオリックスなど、上限が500万円や700万円の金融業者はあるのですが、必ずしもそこの審査が通過できるとは限りません。条件によっては減額されることもあります。


気になる審査内容

審査ですが、基本的に審査内容は基本的に以下の通りです。


☆属性モデル
過去に似たような収入、借り方をした方を見つけ、今回キャッシングを申し込んだ方の未来を予測し、可否を決定します。


☆ポイント制
会社ごとで違うようですが、たとえば住居は賃貸よりも持ち家の方が点数が高く、職業も自営業より会社員の方が高いのです。この点数の総合によって借入の可否、借入額を決めます。


☆個人信用情報機関
いわゆるブラックリストが分かったり、誰がどこからいくら借りているかを知ることが出来ます。この内容によって可否、借入額を決定します。


このように審査内容は会社によって若干違うところもありますが、個人信用情報機関は共通です。まだ返済していないものがあったり、返済が滞っている場合は注意しましょう。