アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > その他業者の口コミ > ソニー銀行カードローンは低金利だけど審査が長い?利用者の声から検証

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

その他業者の口コミ

ソニー銀行カードローンは低金利だけど審査が長い?利用者の声から検証

ソニーファイナンスは2011年3月で事業廃止。同年、5月よりソニー銀行へ業務を移行しており、現在は新規申し込みを中止しているようです。(2012年3月現在)新規申し込みは、公式サイトなどで受付再開を確認してからになります。

ソニー銀行カードローンのここがいまいち…

実際にソニー銀行カードローンを使った人はどんな印象を持っているのでしょうか?口コミから真相に迫ってみましょう。

■ 電話の言葉づかいが悪くて、偉そうな感じがとても嫌だった。

■ 申し込み後1週間連絡がなく、メール送っても無反応だったので電話したら「見送るそうです」と言われた。

■ 年収に自信があって申し込んだのにNGになってしまいました。相当厳しいのかもしれません。

■ すぐにお金が必要だったのに審査結果が出たのは2週間後。そのあと、カードを作るのにまた2週間近くかかってしまい、融資されるまでに1ヶ月もかかってしまった。

このように、あまり良くない口コミを挙げてみると、対応の悪さ、審査に時間がかかることに関してのものが多かったです。

まず、対応に関しては感じ方も人それぞれですが、ここに挙げた口コミ以外にもたくさんの声が寄せられていました。基本的なところなので、是非改善してもらいたいところです。

審査に時間がかかるのは、申込書や必要書類に不備があることが原因とも考えられます。ただ、口コミを見るかぎり元々審査に時間がかかる傾向があるといえるので、1ヶ月くらい余裕を見て申し込んでおくと安心です。

ソニー銀行カードローンのここが良かった

■ 金利が他社に比べて安い。

■ 繰り上げ返済できるのがとても助かる。少しでも余裕のある時に返済して、早く完済させなければ!

■ 初回金利キャッシュバックのキャンペーンがあったので申し込んでみた。初めての人は利用してみる価値あり!

■ 300万円の限度額がなかなか使える!

金利は、年利6.5%〜12.0%です。
他の銀行カードローンの金利と比較してみると・・・

■ 三井住友銀行カードローン・・・4.0%〜14.5%
■ 楽天銀行スーパーローン・・・4.9〜14.5%
■ 三菱UFJ銀行カードローン・・・1.8%〜14.6%

このように、最低金利こそ負けていますが、最高金利が他社と比べて低いことがわかります。

高い限度額で契約する場合や取引期間が長い場合は最低金利に目を向ける必要がありますが、基本的には最高金利が適用される場合が多いので、(特にソニー銀行カードローンの契約がはじめてという人には)最高金利が高いところのほうがお得です。

【カードローン金利プラン】
限度額や過去3ヶ月の利用状況によって、金利を下げてくれるサービス
です。
※10万円・30万円・300万円の限度額だとこのサービスが使えないので注意!

このサービスは、「限度額」と「利用率」から下がる利率を算出していくシステムになっています。実際どれくらい下がるのかというと・・・

・ 利用率30%〜50%・・・-0.25%
・ 利用率50%〜75%・・・-0.5%
・ 利用率75%〜・・・・・・・-0.75%

利用すれば利用するほど、金利が優遇されるサービスということになります。

また、ソニー銀行では初回金利キャッシュバックキャンペーンが不定期で行われているようです。しかし、残念ながら現在は新規契約を受け付けておらず、再開してもこのキャンペーンが同じように扱われるのかは不明です。

ソニー銀行カードローンを利用する場合は、公式サイトをこまめにチェックしていつ再開するのかを確認しておくようにしましょう。

300万円の限度額については、他者と比較しても低めな額といえます。
参考までに他社と限度額を比較してみると・・・

・ 三井住友銀行カードローン・・・800万円
・ 楽天銀行スーパーローン・・・500万円
・ 三菱UFJ銀行カードローン・・・500万円

カードローンの場合、一般的に限度額が安いと金利が高くなる傾向にあります。しかし、ソニー銀行の場合、限度額が低い上に金利も低めになっています。初めから最高限度額で借りるのは難しいですが、そんなに高い限度額が必要ない人でも低金利で借りられるのは良い点ですね。

ただ、限度額以上の借り入れが必要になった場合、契約し直さなければならないのが難点といえます。(利用する場合は、余裕を持たせて1ランク上の限度額を希望しておくのがコツです!)

また、注意しておきたいのは、限度額が前年の年収によって左右される点です。限度額250万円以上を希望する場合、600万円以上の年収が必要になります。限度額と年収の制限を見てみると・・・

■10万円まで・・・・・・・・・・年収50万円以上
■30万円〜100万円・・・年収200万円以上
■150万円〜200万円・・・年収400万円以上

となっておりますので、ここも注意が必要です。