アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > その他の会社の管理人評価 > プロミスの審査時間の平均は?即日融資はホントに可能?

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

その他の会社の管理人評価

プロミスの審査時間の平均は?即日融資はホントに可能?

数ある消費者金融機関の中でも大手であるプロミスは、公式のホームページでも即日融資について紹介しているので、結論から言えば可能です。

今回はその即日融資に必要な条件について、説明していきたいと思います。

即日融資の前に、まず通常の審査基準でプロミスの条件を満たしていなければ、借入自体が難しいのはお分かり頂けると思います。

プロミスでの借入を申込む場合の審査基準は?

プロミスでは顧客に対する質問として以下の項目を用意しています。

  • 生年月日
    20歳から69歳までの方が対象の為です。
  • 年収
    キャッシング限度額が年収で決まる為です。
  • 現在の借入金額
    他社からの借入金額があれば記入する必要があります。主にキャッシングの借入のみでクレジットカードや、銀行カードローン等は含まれません。

以上3項目がプロミスで融資を受けるための条件です。

結論として、キャッシングするのが初めてで、定期的に収入を得ている方であれば、まず審査で落ちることは無いといってよいでしょう。

さて、審査基準をクリアできたなら、次は即日融資を受けるための申し込みです。

プロミスのサービスと申込方法の中で最も早く借りられるのは?

プロミスでは多種多様な顧客の条件に対応するために、数種類の申し込み方法を用意しています。

即日融資を受けるためには、どの申し込み方法がいいのか考察してみましょう。

  • インターネットからの申し込み
    パソコン、ケータイ、スマートフォンから年中無休で申し込みできます。特徴としてインターネットが繋がる場所であればいつでも契約できるのが利点です。

    ネット上で必要項目を記入した後、最短30分の審査が行われ契約可能な金額を、指定の連絡先へ店舗から知らされます。

    契約方法としてweb契約、来店契約、が選択できます。web契約なら当日の振込みも可能です。

  • 無人契約機による申し込み
    全国に設置している自動契約機や三井住友銀行ローン契約機で申し込みできます。特徴として誰とも話さずに契約ができ、約30分で契約が完了します。

    契約完了後にそのままキャッシングすることもできます。

  • 店頭窓口や電話での申し込み
    直接店側の人と相談しながらの申し込みできます。特徴として店頭の人に返済計画について相談をしてもらえるので、不安や疑問点があればその場で解消できるのが利点です。

  • 郵送による申し込み
    専用の申込書に必要事項を記入して郵送で申し込みできます。

    動きたくないけどインターネットが苦手という方にも、郵送にて契約できる方法が用意されています。

以上4項目の中から即日融資を受けるための申し込み方法として最適なのは

口座に振り込みならインターネットによるweb契約
すぐ手元に現金が必要なら無人契約機による契約

といえるでしょう。

即日融資を受けるための申し込み方法が決まりました。

即日融資サービスを申込む時の審査の特徴と注意点

まず審査を通しやすくするためのポイントとして連絡先を書くときは、できるだけ固定電話がいいでしょう。

在宅確認をすることができるので、より信用を勝ち取れるはずです。

固定電話に併せて携帯電話の番号も記入できればしておきましょう。携帯電話でも料金を払い続けている、という実績を確認できるため有効です。

即日融資が必要な人は、当然の事ながら早急にお金が必要な状態です。

プロミスもそれは十分にわかっているからこそ、審査が早く終わるように、必要最小限の質問だけ用意されています。

しかし金額によって消費者金融側は、必要な書類を要求してくる事もあります。

例えば融資希望額が50万円を超える場合、収入の証明になるもの(給料明細等)が必要になります。

これには理由があり、平成22年に改定された貸金業法の中に、総量規制という法律が施行され、年収の3分の1を超える金額を貸付けてはならない、というものです。

キャッシング限度額が年収で決まるのはこの総量規制が基準ですね。これを破ると消費者金融側が行政処分を受けるので貸す側も慎重になるわけです。

もう一つの注意点として、他社から融資を受けているのに、それを隠して申し込みをした場合、最悪融資を受けられないどころか、他社から一括返済を請求される事もないとはいえません。

信用によってお金を借りているという事実を忘れないようにしましょう。

即日融資サービスの審査時間とその日の内に融資を受けるためのポイント

インターネットによるweb契約で当日振り込みを希望する場合、平日14:00までにweb契約を完了していなければ、振込みは受けられません。

これは消費者金融側の都合ではなく、振込みは銀行を通して行われるため、銀行の営業時間に依存してしまうのが原因です。

肝心の審査にかかる時間ですが、先に述べた通り審査を受けるための質問は3項目のみです。そして公式ホームページでは最短で30分と明記してあります。

質問が3つだけなら、確かに時間は大してかからないと思います。しかしこれが月末にも同じことが言えるでしょうか。

色々な支払いが必要になる月末にかけて、融資を申し込む人が増える可能性があります。そんな状況で、新たに申し込んでから30分で終わる、と考えるのは危険です。

当日に振込みが必要ならば、平日14:00までに契約を終わらせる必要がありますが、審査が最短30分で終わるとは限らない、という事を踏まえて、少なくとも午前中には全ての手続きを済ませるのが最善といえます。

また、振込みを依頼するときは、プロミスの会員サイトからの申し込みになるので、会員サイトへログインするためのカード番号が必要です。

web契約の場合はカードが後日発送になりますので、その旨をオペレーターに伝えておきましょう。初めての方ならポイントサービス申し込みもしておきましょう。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

これで初回のみですが30日間無利息サービスを受けることができます。

  • 平日14:00を過ぎると即日融資は不可?

先ほども書きましたが、振込みは銀行を通して行われるので、結論としては不可能です。ですが、突然お金が必要になる時が、朝や昼だけとは限りません。

そんな場合は、無人契約機によるキャッシングが有効です。

インターネットで最寄りの無人契約機の場所を調べる事ができるので、検索してみましょう。

プロミスの即日融資は準備さえできていれば、たいして難しくないということはお分かり頂けたでしょう。