アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > 基礎知識 > アコム、プロミス、アイフルを借りる金額ごとに比較しました

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

基礎知識

アコム、プロミス、アイフルを借りる金額ごとに比較しました

アコム、プロミス、アイフルを借りる金額ごとにもろろも比較しています。その他にも総量規制の対象外であるカードローンの金利も併せて比較してみました。

消費者金融低金利ランキング
1位 プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス) 4.5〜17.8%
2位 アコム 3.0%〜18.0%
3位 レイク 9.0〜18.0%

銀行カードローン低金利ランキング
1位 住信SBIネット銀行 3.5〜10.0%
2位 楽天銀行 4.9〜14.5%


銀行系カードローンのメリット・デメリット

金利を比べてみると、銀行系のカードローンが圧倒的に低くなっています。

《銀行系カードローンのメリット》
・金利が低い
・限度額が大きい
・総量規制の対象にならない


《銀行系カードローンのデメリット》
・審査が厳しい
・審査が遅い
・年収による申込みの制限がある


ここでいう銀行系カードローンというのは、銀行自体が扱っている商品のことです。
アコムやプロミスも銀行系と呼ばれますが、銀行本体ではないので、総量規制の対象になります。


金利の比較表で見てみると、銀行のカードローンが圧倒的にお得です。
さらに金利は借入れ金額によって変動します。

200万〜300万円借入れの金利で比較してみると、
プロミス:4.5〜17.8%
アコム:3.0%〜18.0%
住信SBI:6.5%〜8.0%


このように、銀行系カードローンと金利の差が開きます。
また、消費者金融系だと限度額は300万円までなので、300万円を超す融資を希望するなら、金利も低く限度額も大きい銀行系カードローンがオススメです。


住信SBIネット銀行だと限度額700万円で、さらに初めての契約に限り利息キャッシュバックのお得なサービスがあります。


近年、消費者金融も大幅に金利を下げましたが、いくら金利を下げたとしても、銀行には敵いません。誰でも払う金利は低く抑えておきたいはずです。


例え『審査が厳しく遅い』というデメリットがあったとしても、お金を個人的に借りたいなら金利の低いカードローンのほうが圧倒的にお得だといえます。(審査に通りさえすればですが…)


小口融資なら、ノウハウを持った消費者金融系がオススメ


50万円以下の小口融資の場合は、最大金利が適用されることがほとんどです。

アコムと楽天銀行の場合だと、

アコム: 18%
楽天銀行:14.5%
このように、200万円を超えるような大口融資よりは金利の差が狭まりますね。


それでも銀行カードローンの金利の低さには敵わないのですが、キャッシング・カードローンの目的は融資を受けることです。


つまり、いくら金利が低いカードローンがあったとしても、審査に通らなければ意味がありません。


50万円以下の融資を受けようという人は、急を要する場合も多く、また、大口融資が望めないような属性であることも多いでしょう。

小口融資希望や属性の低い人は、消費者金融のキャッシングのほうがオススメです。


《消費者金融系キャッシングのメリット》
・アルバイトやパートでも借入れ可
・審査が早い
・小口融資の専門なので、融資までのスピードが早い


《消費者金融系キャッシングのデメリット》
・銀行系に比べ金利が高い
・総量規制の対象になる


優良な消費者金融とはどこ"

50万円以下の小口融資は、銀行よりも専業の消費者金融系がノウハウも持っており、融資も非常に積極的です。

消費者金融系会社を絞ってみますと、アコムとプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス、以下 プロミス)の2社が最も優良な会社だと言えます。

両者とも電話応対が良いとの評判があり、既存客への金利の引き下げも柔軟に対応してくれます。


《アコムとプロミスがオススメの理由》

・銀行グループの傘下にあるため安心感がある
・新規だけではなく既存客の金利も引き下げてくれる傾向にある
・金利も低く限度額が大きい
・融資に積極的である


アコムとプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)の2社が優良だと言われるのは、それぞれ銀行グループの傘下に入っているという安心感もあります。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ、プロミスはSMBCグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスです。

多くの消費者金融系はグレーゾーンが廃止されてからというものの、生き残れなくなってしまったのですが、アコムとプロミスは銀行の傘下に入ることで経営も安定しています。

利用者にとっても、やはり安心感のある会社から融資を受けたいものです。


50万円以下の小口融資の金利を比較してみますと、

アコム:18%
プロミス:4.5〜17.8%

このようにプロミスの金利が若干低いです。
さらに、プロミスは30日間無利息のサービスを行っています。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)


アコムが少し金利は高いですが、吸収したキャッシュワンという商品だと、金利が17.8%で融資を受けられるので、新規の利用者にはお勧めです。


アコムは消費者金融系の中で、いち早く金利を引き下げた会社でもあり、また、融資残高ももっとも多い業者です。
それだけ融資を積極的に行っているということが言えます。


審査の面でいうと、SMBCグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス」のほうが若干厳しいように思えます。しかし、審査の基準は会社によっても異なるので、アコムで審査否決になった人がプロミスで融資してもらえたケースもあります。