アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > 基礎知識 > 大手キャッシング会社4社(アコムなど)のサービスを徹底比較してみました。

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

基礎知識

大手キャッシング会社4社(アコムなど)のサービスを徹底比較してみました。

サイトの使い勝手やATM・提携先などでキャッシングの使い勝手などを比較してみました。これからキャッシングしようとしている方はぜひ御覧ください。

借入簡単診断 携帯サイト ネット申込項目数
アコム 5項目 あり(スマートフォンアプリもあり) 20前後
プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス) 3項目 あり 30前後
レイク 9項目 あり 40前後
アイフル 4項目 あり 40前後

急いでいる人に便利、申込みフォームの入力が簡単なアコム

返済シミュレーションは、すべての会社でできるようになっていました。また、本申込の前の簡単診断では、プロミスの3項目が一番少なく、簡単にできます。

しかし、ネットの申込フォームでは、アコムが一番項目が少なく、融資を急いでいる人にとっては楽に感じる点でしょう。


しかもiphoneとアンドロイド携帯用のアプリが登場するなど、モバイル機能においてもアコムが一歩リードしているように思えます。
スマートフォンがあれば、外出先からでも申込が出来るほか、動画で申込や返済の流れを説明してくれるので、すごく便利です。


サイト内のコンテンツはどうでしょうか?

お借入れ診断や返済シミュレーションはどのサイトもありますが、アコムのアコムナビは、申込みから借入れ・返済まで動画で詳しく解説しています。

また、こちらも最新のCMを観ることができるほか、キャッシング詐欺危険度チェックなどもあります。


プロミスの場合は、バーチャル体験風に解説してくれるので、すごく分かりやすいかと思います。

レイクにはエンタメレイクというのがあり、現在放映中のCMを見ることができたり、ガジェットをダウンロードすることができたりします。

また、レディースレイクというサイトもあるので、女性ならではの不安がある人は、そちらのQ&Aを見たほうが良いでしょう。

アイフルの場合、CMのウェブ配信はあるものの、とくに動画で解説してくれるコンテンツはありません。


メールサービスについてはどうでしょうか?

4社すべてについて返済期日前のお知らせメールサービスを行っています。アコムとレイクについては、返済日が過ぎたときも、メールでお知らせをしてくれます。

アイフルは返済日が過ぎたことを知らせてくれるメールサービスはないものの、増額可能お知らせメールというものがあります。


ATM・提携先などでキャッシングの使い勝手を比較

ATM 自動契約機 提携先 店舗 ウェブ返済・融資
アコム 非公開 非公開 非公開 39 OK
プロミス 非公開 1229 三井住友銀行など11の銀行・コンビニATM 21 OK
レイク 880 864 セブン銀行など5つの銀行・コンビニATM なし OK
アイフル 625 625 セブン銀行など4つの銀行・コンビニATM 29 OK


ATM・自動契約機の数で比べると、プロミスが一番多くなっています(現状は非公開なので、筆者予測)。
店舗はどこも縮小しており、アコムが若干多いぐらいです。


レイクに至っては、現在窓口業務を廃止しています。
窓口業務から自動契約機・ネットへ以降していています。
また、申込から融資まですべてネットで完結するシステムをいち早く取り入れたのもレイクですし、提携先の銀行も新生銀行など5つになっています。


アコムは楽天銀行の口座を持っていると24時間振込キャッシングが受けられます。もちろん、返済も可能です。

レイクはウェブ上で融資・返済もできるほか、取引内容をPDFでダウンロードすることができます。

アイフルは融資・返済ともにウェブ・携帯でできますが、不動産ローンを除き店舗での融資をしていないようです。


どの会社もネット上で返済すると手数料もかからないので、忙しくてATMに行くのを忘れてしまう人は、インターネットバンキングの手続きをしていたほうが良いでしょう。

また、自動契約機から申込みをする場合でも、ウェブサイトの機能を利用することが計画的な返済に役立ちます。

自動契約機の前にあらかじめネット申込をしていると、時間が短縮できることもあります。金利の計算や残高の確認なども、ぜひウェブサイトの機能を活用しましょう。