アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > 基礎知識 > キャッシング利用時によく目にする信用情報機関ってなに?

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

基礎知識

キャッシング利用時によく目にする信用情報機関ってなに?

キャッシングの契約の際に、信用情報機関という単語を目にしたことはありませんか?信用情報機関とはクレジット会社等を顧客としている機関で、キャッシング・ローン利用者の取引に関する情報を収集・登録しています。

会員の求めに応じて個人の金融情報を提供することで、クレジットカードやローンの契約においてトラブルを避けることに役立っています。

具体的に信用情報機関にはどんな情報が登録されているの"

・ 氏名や生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先などの個人に関する情報

・ 契約年月日や商品名、限度額、契約の種類、支払回数などの契約に関する情報

・ 残債額や入金額、入金履歴、支払の延滞などの有無、延滞解消の有無、契約条件の変更の内容、終了状況など支払に関する情報

これらの情報は消費者がクレジットカードやローンなどの申し込みをした時、その契約が成立した時、とその段階に応じて登録されます。

クレジットカードの申込みを例にあげてみましょう。

クレジットカードの申込みをすると、クレジット会社は申込者の情報が信用情報機関に登録されているかどうか確認します。

するとその時点で、申し込みをした内容(氏名・生年月日・照会日・申込区分・照会区分・支払回数・商品名など)が信用情報機関に情報として登録され、クレジット契約が確定すると、確定したという情報が改めて登録されます。

つまり、申込みが成約した場合には、2つの情報が信用情報機関に登録されることになるのです。

もしローンやクレジットの審査に落ちた場合には、申し込み情報のみが登録されている為、会員が照会にかければ、審査に落ちたという事実はすぐにわかるでしょう。

上記のような履歴や、短期間に申込情報が多く登録されている履歴などは、クレジット会社の審査に落ちてしまう原因のひとつとされています。

業者としては利用者の信用力に応じたクレジットやローンのサービスを提供することが狙いですから、利用者の信用情報を確認し正確な信用力を把握することはとても重要だといえますね。

また利用者にとっても、自身の信用力に基づいた適正なサービスを受けることができるため、その結果過剰な貸付の防止、多重・多額債務者発生の防止へと繋がるというメリットがあります。

日本には信用情報機関はいくつある"

現在日本には、4つの代表的な信用情報機関があります。

1.全国銀行個人情報センター(銀行・銀行系クレジット会社・銀行系信用保証会社 信用金庫・農業協同組合・労働金庫などが加盟)

2.潟Vー・アイ・シー【CIC】(銀行系以外の流通系、信販会社、メーカー系のクレジット会社が加盟)

3.潟Vーシービー【CCB】(銀行系、流通系、信販系のクレジット会社など33社共同で1979年に設立)

4.全国信用情報センター連合会(クレジットの取り扱いはなく、消費者金融専業の会社が設立した団体。この4つの機関の中では一番信頼性が高いと言われている)

これらの機関が保有する個人情報は、カード審査やローンの審査以外で利用されることはなく、加盟している会員のみが利用できます。しかし所定の手続きをとれば、利用者自身のローンやクレジットの契約内容や支払状況などの利用履歴に関して確認をすることも可能です。

これを「信用情報の開示制度」といいます。

万が一、開示により得た情報の中に、事実と異なる情報や身に覚えのない情報が登録されている場合には、その情報を登録した会員会社へ調査を依頼することもできます。

信用情報はブラックリストと同一視されがちですが、きちんと借り入れ・返済をしている分には何の問題もありません。信用情報機関というものを耳にしたことがあっても、具体的にどんなものかわからなかった方も多いのではないでしょうか。