アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > 基礎知識 > 大手消費者金融を利用するメリット・デメリットを検証してみた

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

基礎知識

大手消費者金融を利用するメリット・デメリットを検証してみた

消費者金融と一言で言っても、アコムなどテレビCMをしている大手から近所にある中小のものまでさまざまな業者があります。

今回は、大手の消費者金融を利用する利点について調べ、まとめてみました。

大手消費者金融のメリット

今回は大手消費者金融の代表として、プロミス、アコム、アイフルを中心にとりあげたいと思います。このような大手のキャッシングに共通するメリットとは何でしょうか?
(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)

融資までの時間が短い

大手の消費者金融は、申し込みから融資までの時間が短く、(申し込み方法にもよりますが)当日中の融資も可能なところが多いです。

【プロミスで当日融資可能な主な申し込み方法】
※平日14時までにWEB契約完了が必要

  • 店舗、自動契約機
    プロミスの「お客様サービスプラザ(店頭窓口)」「自動契約機」「SMBCローン契約機」に出向いて申し込み、審査に通れば契約(キャッシング用のカードがその場で発行され、すぐにキャッシング可能)
  • 電話
    電話で申し込み後、審査に通ったら「お客様サービスプラザ(店頭窓口)」「自動契約機」のいずれかに出向いて契約(キャッシング用のカードがその場で発行され、すぐにキャッシング可能)
  • インターネット
    パソコン、携帯、スマートフォンなど(プロミスホームページ)から申し込み後、審査に通ったら家にいながら契約可能。(融資は振込で行われる)

【アコムで当日融資可能な主な申し込み方法】

  • 店舗、無人契約機
    アコムの「店頭窓口」「むじんくん(無人契約)機」に出向いて申し込み、審査に通れば契約(キャッシング用のカードがその場で発行され、すぐにキャッシング可能)
  • 電話
    電話で申し込み後、審査に通ったら「店頭窓口」「むじんくん(無人契約)機」のいずれかに出向いて契約(キャッシング用のカードがその場で発行され、すぐにキャッシング可能)
  • インターネット
    パソコン、携帯、スマートフォンなど(アコムホームページ)から申し込み後、審査に通ったら家にいながら契約可能。(融資は振込で行われる)

【アイフルで当日融資可能な主な申し込み方法】

  • 店舗、自動契約機
    アイフルの「店舗」「自動契約機」に出向いて申し込み、審査に通れば契約(キャッシング用のカードがその場で発行され、すぐにキャッシング可能)
  • インターネット
    パソコン、携帯電話(アイフルのホームページ)から申し込み後、審査に通ったら家にいながら契約可能。(融資は振込で行われる)

提携ATMが多い

大手消費者金融は提携しているATMも多いので、多くの場所で借入、返済ができます。

主な提携ATM
アコム プロミス アイフル
三菱UFJ銀行
西日本シティ銀行
三井住友銀行
東京スター銀行
親和銀行
イオン銀行
セブン銀行
第三銀行
広島銀行
福岡銀行
熊本銀行

ローソンATM
E-net(ファミリーマート・ミニストップなど)
クレディセゾン
三菱UFJ銀行
西日本シティ銀行
三井住友銀行
東京スター銀行
第三銀行
イオン銀行
セブン銀行
福岡銀行
熊本銀行

ローソンATM
E-net(ファミリーマート・ミニストップなど)
クレディセゾン
三菱UFJ銀行
西日本シティ銀行
親和銀行
イオン銀行
セブン銀行

ローソンATM
E-net(ファミリーマート・ミニストップなど)
借入れのみ対応
八十二銀行 親和銀行
広島銀行
八十二銀行
福岡銀行
熊本銀行

ただし、提携ATMで借入れや返済をすると、以下の手数料がかかります。

金額 入金 出金
1万円以下 105円 105円
1万円超 210円 210円


コンビニエンスストアの端末で返済可能

ローソンやミニストップ、ファミリーマートに設置してあるマルチメディア端末を利用すると手数料0円で返済できます。

返済ができるコンビニエンスストア端末一覧
消費者金融業者名 対応するコンビニエンスストア端末 対応時間
アコム なし -
プロミス Loppi (ローソン、ミニストップ)
famiポート(ファミリーマート)
24時間
土日祝日可
アイフル Loppi (ローソン、ミニストップ)
famiポート(ファミリーマート)
7:00-23:00
土日祝日可

大手消費者金融のデメリット

最後に、大手消費者金融のデメリットについてもまとめてみました。(大手というより、消費者金融全体のデメリットですね)

金利が高い

大手消費者金融の金利は業者によって多少の差はありますが、ほぼ横並び状態です。

・ アコム  3.0%〜18.0%
・ プロミス 4.5〜17.8%
・ アイフル 5.5〜18.0%

大手銀行のカードローン(最高金利15%程度のところが多い)と比べると、やはり金利が高いですね。

通常、初回利用時は限度額が少額(50万円以下など)の場合が多いのですが、その場合はかなりの高確率で最高金利が適用されます。

金利で業者を選ぶ際は最低金利ではなく、最高金利に注目して比較する必要があるんですね。

例)
4.7%       〜      18%
↑最低金利         ↑最高金利

利便性の高さは欠点でもある

「いつでもどこでも借入・返済可能」で便利なのはいいのですが、利用しすぎに要注意です。

「気軽に借りられるから」とじゃんじゃん使っていると、気がついたときには取り返しのつかないほど借金が増えていた・・・なんてこともありえます。

実際、多重債務者の多くは、

ATMでキャッシング(借入れ)=自分の預金口座からお金を引き出す

と同じだと錯覚してしまい、借金をしている感覚がなくなってしまう方も多いようです。

あくまでも「キャッシング=借金」だととらえ、計画的な利用を心がけることが大事です。

【アコム】今すぐ3秒診断してみる
【アコム】管理人の体験談やさらに詳しい口コミはこちら!

プロミスのさらに詳しい情報・申込はこちらから

⇒アイフルのさらに詳しい情報・申込はこちらから(※準備中)