アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > 基礎知識 > なぜ中小の街金(町金)で借入れ、キャッシングしてはいけないのか?

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

基礎知識

なぜ中小の街金(町金)で借入れ、キャッシングしてはいけないのか?

なぜ中小の街金(町金)で借入してはいけないのか?

街金とはどのような金融業者か?

街金(あるいは町金)は貸金業者の中小規模のものをさします。

テレビコマーシャルや新聞広告でよく目にする消費者金融業のような大きな企業ではなく、中小企業が経営している金融業者が一般的に「街金」と呼ばれています。

「街金=ヤミ金」と考えている人が多いですが、実際には街金とヤミ金は別のものです。ただし、ヤミ金の中に街金を装ったものが多いため、そのような誤解があるようです。

法律で定められた金利を超えて貸し付けることが禁止された2010年以降、街金の数も減少傾向にあります。多くの街金が、現在の法律で定められた金利では経営が厳しくなった、ということが考えられます。

法律上では、国や都道府県に貸金業の登録を行わなければ金融業として開業することができません。しかし、法律に反して金融庁に登録していない金融業があります。

それが「ヤミ金」です。中小の金融業者であっても、国や都道府県で登録している業者はヤミ金ではありません。

街金は中小企業なので、大手企業ほど広告を見かけることもありませんし世間に対する知名度も低いです。そのため「あまり信用できないのではないか」というイメージを持たれているようです。

しかし、法律にのっとり誠実なサービスを提供している会社もあります。中小金融業からお金を借りるなら、リスクの大きなヤミ金は絶対に避けなければなりません。

街金は「救世主」?

大手の消費者金融からお金を借りようとして断られてしまった人の中には「街金なら貸してくれるだろう」と考える人がいます。

街金は大手よりも審査が甘く、すぐに融資を受けられる企業として知られていました。現在でも大手よりは融通が効くため駆け込み寺のような存在と考えている人もいるようです。

しかし、頼るのが大手消費者金融であるか中小の街金であるか、といった違いはあるものの、借金をすることには変わりはありません。

ですから街金を利用したとしても、返済能力のない人はいつまでも借金に追われることになってしまいます。

新たな借金を作ることが「助け」ととらえられて良いのか、よく考えた方が良さそうです。

また、焦ってお金を借りようとして頼ったのがヤミ金だった、というケースも決して少なくはありません。ヤミ金でお金を借りてしまい、借金がどんどん膨らんでしまっては大変です。

街金の利用にはどのようなメリットがあるか?

街金は大手の消費者金融から融資を受けるよりも審査の基準が低いため、借入しやすいというメリットがあります。

例えば銀行から借りる場合、厳しい審査基準をクリアしなければ借りることができません。

大手の消費者金融業者も銀行ほどは厳しくないものの、現時点での借入金額が年収のどの程度の割合を占めているか、あるいは返済を滞らせたことはないか、「ブラックリスト」に掲載されていないか、といった点を厳しくチェックされます。

街金は大手の業者ほどは厳しくチェックされないため、ブラックリストに掲載されている人でも借り入れが可能となることも珍しくありません。

手続きもそれほど細かいものはなく、多少の返済の融通が効くということがメリットとされています。

街金から融資を受けるとどのようなリスクがあるか?

世間には街金を装ったヤミ金が多数存在しています。お店に入ったときは「ここなら大丈夫そうだ」と思っても、じつはヤミ金であることは珍しくないのです。

ヤミ金の手口で代表的なものをご紹介します。

まず、すぐに返済できる程度の少額のお金を貸し出します。そして1か月以内に元金を返済させます。

その元金を返済させることでヤミ金が損失を被ることはないので、最初に返済できそうな金額しか貸し出さないようにしているのです。

元金を返済したこの時点ですでに利子は発生しています。後はその利息をどんどん取り立ててきます。

利用者が返済できない、と言ったらヤミ金の思う壺です。他の金融業者を紹介して借金をさせ、紹介した業者からは仲介料を受け取り、利益を得るのです。

まっとうな商売をしている街金であればこのようなひどい目に遭うことはありませんが、ヤミ金であることを見抜けなかった場合、このような借金地獄に陥ってしまいます。

借金が膨らみすぎると法律の相談家に依頼して債務整理をしなければならず、最悪の場合は自己破産ということになります。

さらに債務整理をする時点でも、すでに複数のヤミ金からお金を借りた後で借金がかなりの額に増えているはずです。過払い分を差し引いても、返済が苦しくなることは容易に想像されます。

これは本当の街金を知らない人が抱えるリスクですが、確信をもって街金だといえる業者を知らない人は安全な街金を探すことは難しいと考えておいた方が良いかもしれません。

たとえまともな街金からお金を借りることができたとしても、返済能力がなければ借金に追われ続けることになります。最悪の場合は債務整理をしなければならない、というリスクから逃れることはできないでしょう。

また、街金から融資を受けることにもデメリットがあります。

大手に比べると金利は決して安いとはいえず、取り立ても厳しい企業が多いです。支払いが滞った場合には、一括で返済するように請求されることもあります。

さらに担当者によっては、窓口や電話での態度が威圧的に感じることもしばしばあります。大手業者ではスタッフの対応は丁寧ですが、街金の場合は失礼な対応をされることも珍しくありません。

果たして、街金を利用することにどの程度のメリットがあるかは疑問です。

どうしても街金でお金を借りたいなら

「街金」と思った業者が登録されている金融業者なのか、それとも実際はヤミ金であるかをしっかりと確認する必要があります。

ヤミ金は法律で定められた金利を超えて違法の金利を設定しているため、金利を見ればすぐにヤミ金であることが分かります。明らかに違法だ、と思った業者からは借りてはいけません。

また、ヤミ金は事務所を構えず賃貸マンションの一室で営んでいることが多いです。

チラシを見ると固定電話ではなく携帯電話の番号が記載されている、宅急便でお金を送るシステムを採用している、といった場合はほぼヤミ金と思って間違いありません。銀行口座が毎回変わる業者もヤミ金と考えてよいでしょう。

街金でお金を借りたいなら、まずその街金はいつ開業したのか、ずっと同じ銀行口座を利用しているか、店舗を構えているか、といったことを前もって調べましょう。まともな企業として経営しているかを調べることが、街金であるかを確認する第一歩です。

創業からある程度の年数が経っている、以前から事務所を見かけていた、といった場合はまともな街金である可能性があります。

さらに、財務局のホームページで貸金業の登録を受けている業者の一覧がありますので、そちらで調べてみましょう。登録されていなければヤミ金だと考えた方が安全です。

また、街金を利用したことがある人がいれば紹介してもらいましょう。この場合、紹介してくれる人が必ず信頼できることが鉄則です。

ただし、大手業者に借り入れを断られている時点であきらめる方が傷口を広げない選択だ、ということは覚えておきましょう。

そもそも返済能力がないのではないかと疑われているために大手企業に断られたのだ、ということを忘れてはいけません。