アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > 借り入れについて > アコムの返済期日って?

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

借り入れについて

アコムの返済期日って?

アコムに限らず、消費者金融と契約すると、毎月○○日までに一月分を返済するという約束事を守る必要があります。

指定された期日までに支払えないと、遅延損害金 (アコムだと金利20.0%にあがります) が掛かってしまいますので、気をつけるようにしてください。

アコムの返済期限は、

前回の返済日から35日

というのが原則です。ただ、35日後に必ず支払わないといけないというわけではありません。35日間の間に支払えばいいのです。

そして、返済したその日から、35日後というのが次の返済期限になります。(最初は借入日の翌日から35日後まで)


もうひとつ、返済方法として

毎月指定日という払い方もできます。

※毎月指定日がアコムの休業日(土・日・祝日、年末年始)にあたる場合は、翌営業日が返済期日となります。

返済する人が、毎月の支払う日を指定するというものです。毎月の公共料金を支払うような感覚で、返済をしていく事が可能なのですが、この方法を選択した場合は、注意点があります。


それは、指定した日よりも15日以上前に入金し場合、前月分の追加入金扱いされてしまう事です。例えば、毎月25日に支払うと設定した場合、同じ月の11日以降であれば、問題ないのです。

個人的には、毎月指定日は、それほどメリットがないような気がしています。例えば、指定日に体調を崩して外出不可なんて時には、面倒な事になりかねないですから。


最後に、口座引き落としです。この方法を選択した場合は、毎月6日が返済日と決められています。口座に引き落とされた履歴が残りますので、支払履歴を自分で管理する事が出来ますし、通帳記入しておけば、引き落とされた証拠にもなります。安心できます。


口座にお金が入っていれば、確実に返済されますので、無用なトラブルを防ぐ事が出来ます。個人的には、この方法が、最もおススメです。ちなみに他の消費者金融業者の返済期日は、


◆プロミス
毎月一定日が返済期日です。

◆アイフル
サイクル制⇒返済日の翌日から35日後が次回支払日。
約定日制⇒都合の良い支払日を指定する方法。支払期日までの10日間が支払期間。

◆モビット
返済日は、1ヶ月に1度都合に合わせて、5日、15日、25日、末日から選ぶことができます。

…というようになっています。


どんな返済方法でも、あくまでも「最低○○円」を決める為のものです。お金に余裕があった場合は、一気に返済する事が可能です。消費者金融は、一度完済したからといって、その後利用できなくなるわけではありませんので。


いろんな場所で返済する事が出来ます

アコムで借りたお金を返す場所が、劇的に増え続けています。昔は、アコムのATMでしか返金する事が出来ませんでした。近くにアコムのATMがなくて、ターミナル駅にまでわざわざ出掛けなくてはならないなんて事もあったようです。

ですが、現在では、三菱東京UFJグループのATMで取引出来るようになっているのです。


さらに、コンビニでも取引可能です。それも、セブンイレブンなど日本を代表する店舗数の多いコンビニで取引可能です。これら3つのATMを合計すると、万単位を優に超えます。それも全国各地で取引可能です。しかも、首都圏都市部のATMやコンビニでは、24時間取引可能というケースもあるようです。


また、アコムのATMで取引をしなくてもいい事もプラスに働くはずです。見た目には、普通の銀行取引をしているようにしか見えません。そういう意味でも、提携先が豊富にあるというのは、アコムの強みだと思います。