アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > 借り入れについて > アコムの金利計算法

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

借り入れについて

アコムの金利計算法

お金を借りたら、利息が付き物。消費者金融は怖いと思っている人は大勢いると思います。そして怖いと感じるのは、利息のせいで借金が雪だるま式に膨れ上がり、返しても返しても借金が減らないというイメージのせいでしょう。

どの業者も利息が何パーセントなのかは、はっきり数字で表示しています。その利息以上になることはありません。


ですが、意外とどのくらい借りたら、いくらの利息になるのか、知らない人も大勢いると思いますので、利息の計算方法について、ちょっと説明してみたいと思います。


例えば、(実際にはできませんが)消費者金融から100万円借りたとして、その100万円を1年間借りっぱなしにして、1年後に一括払いで支払う場合は1年間の利息は15万円になりますよね。


ということは支払い総額は115万円です。ですが、分割払いで一年間で返済する場合はもっと少なくなります。実際には108万円をちょっと超えるくらいになります。え"と思った人は実際に計算してみるとよくわかると思います。


例えば、アコムの実質年率で、100万円を12回の月払いで一年間かけて返済するとします。

1日あたりの利息は、(100万円×0.18)÷365日で、1日あたり410円になります。1ヶ月を30日とすると、1ヶ月間の利息は100万円に対して12,328円です。


ここで利息と借りた100万円の一部を一度返済しますから、次に支払う利息は、アコムに支払った金額の中から、利息分の12,328円を引いた金額にかかります。

アコムはリボ払いなのでちょっと計算が面倒なので、仮に10万円支払ったとします。


この場合は87,672円の元金を支払ったことになりますから、912,328円に対しての、18%÷365日分が翌日からの1日あたりの利息になります。


仮に利息だけを支払って、元金を返済しない場合は翌月も同じ金額の利息が発生します。

借金が減るにつれて、1日あたりの利息は減っていきますから、1年間借りてまとめて返すよりも、利息が減っていく仕組みです。なんとなくイメージ、つかめましたか?

つまり、利息分以上の返済を行えば、その分利息金額が減っていきますが、利息が支払えないとなると、どんどん借金が増えていくことになります。


定率リボ払いの仕組み

ところで、さっきも言ったように、アコムは定率リボ払いです。リボ払いは、毎月一定の金額を支払っていくので、支払い金額が把握しやすいという利点があります。ですが、この方法には弱点もあります。

毎月一定の金額を返済していくため、支払い金額における元金の返済割合が変動することです。


先ほどと同じ、100万円、15%、12回払いした場合、アコムのリボ払いでは1回の返済金額は90,258円になります。このうちの12,328円が利息分で、残りが元金の返済分です。翌月は利息分は減るので、前の月より、多くの元金を返済できることになります。

元金をいくら返したのか、わかりにくいですよね。それからすでにピンときた方もいますよね、そうです、長引けば長引くほど元金が減りにくくなっています。


ですが、無理に支払い回数を減らすと、今度は返済できない危険がありますから、やはり、毎月無理なく返済できる金額でなければいけません。そして余裕のある時にだけ、前倒しでお金を返して元金を減らしていくのがいいでしょう。


きちんと計画的に返していければ、キャッシングは怖いものではありません。1回で返済できる金額だけ借りるならば、1日あたりで利息がつきますから、支払日が決まっているクレジットのローン枠より有利になることも多いですし、アコムのATMは手数料無料ですから夜間や休日の出金には有利です。


キャッシングは使い方次第です。きちんとメリットとデメリットを把握して、計画的に使えれば、きっと強い味方になってくれますよ。