アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > こんな噂 > リボ払いは本当にいいことづくめ?利用上の注意点まとめ

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

こんな噂

リボ払いは本当にいいことづくめ?利用上の注意点まとめ

クレジットカードで高額な買い物をした後、いざ代金が引き落とされる月になって口座の残高が足りなくなってしまった!

そんな経験はありませんか?

こんなとき、助け舟となるのが「リボ払い」という支払方法です。

今ではすっかり世の中に浸透した支払方法で、カード会社によってはリボ払い専用のカードまで作られていますね。

便利という印象が強いリボ払いですが、本当にいいことずくめなのでしょうか?

今回は、リボ払いとは何なのか?リボ払いを利用する上で気をつけなければいけない点とは何なのか?詳しく説明していきたいと思います。

リボ払いとは?

購入金額に関係なく、毎月の支払い額をほぼ一定にできる支払方法です。正式名はリボルビング方式といいます。

リボ払いが人気の理由は?

「あの商品が欲しいけど、高いから買えない!でも、やっぱり欲しい!」
買い物をしていると、誰でもこんな風に思う瞬間があると思います。
こんなとき、たとえばその商品が毎月5,000円で購入できるとしたらどうですか?

「買っちゃおう!」と思ってしまいますよね。
リボ払いの人気の理由は、そこにあります。

たとえば、10万円の商品を購入したとしましょう。

  • 一括払いの場合 … 翌月、指定口座から10万円が引き落とされる
  • リボ払いの場合 … 翌月から指定口座より5,000円+金利手数料が引き落とされる

※ 5,000円は例です。

まとまったお金が用意できない方は、間違いなく後者を選びますよね。

一定の設定金額に達するまでは、何度買い物をしても、毎月の支払額は一定」というのもリボ払いの特徴です。

例)

支払い残高 月々の支払額(元金)
1〜100,000円 5,000円
100,001〜150,000円 7,500円
150,001〜200,000円 10,000円
200,001〜300,000円 15,000円
300,001〜400,000円 20,000円
400,001〜500,000円 25,000円

※ 設定金額はクレジットカード会社によって異なる

このカードの場合、10万円分リボ払いで商品を購入したとしても、毎月の支払いは5,000円+金利手数料で済んでしまいます。

さらに、便利で使いやすい仕組みが工夫されています。

  • 購入時に一括払いを指定しても、後でリボ払いに変更できる
  • 事前に支払い方法を「リボ払い」にしておけば、購入時に一括払いを指定しても、後で自動的に全てリボ払いになる

このように、対応が柔軟なところも人気の理由でしょう。

リボ払いを利用する上で気をつけなければいけないことって?

リボ払いを利用する上で気にしなくてはいけないのは、ズバリ、トータルで支払う金額です。

次の支払表を見て下さい。

例)
5万円の商品を購入した場合
毎月の支払額(元金)5,000円
金利15.0%

支払い回数 支払額(元金) 金利手数料 支払額合計 支払後の残高
1回目の支払い 5,000円 513円 5,513円 45,000円
2回目の支払い 5,000円 573円 5,573円 40,000円
3回目の支払い 5,000円 509円 5,509円 35,000円
4回目の支払い 5,000円 402円 5,402円 30,000円
5回目の支払い 5,000円 382円 5,382円 25,000円
6回目の支払い 5,000円 308円 5,308円 20,000円
7回目の支払い 5,000円 254円 5,254円 15,000円
8回目の支払い 5,000円 184円 5,184円 10,000円
9回目の支払い 5,000円 127円 5,127円 5,000円
10回目の支払い 5,000円 63円 5,063円 0円

いかがですか?
5万円の代金を支払うために、トータルで53,315円を支払うことになっています。

一括で支払えばかからなかった金利手数料−これは、利用者側にしてみれば損以外何者でもないですよね。

当然、もっと大きな金額を利用すれば、その分多くの金利手数料がかかります。

リボ払いを利用するときは常に、「このまま支払いを続けていくと、トータルでいくら支払うことになるのか」を計算して把握しておく事が大事です。

そうでないと、気づかぬうちにとんでもない金額の金利手数料を支払うことになりかねません。

リボ払いは蜜の味?クレジットカード会社における大きなメリット

最近はクレジットカード会社がやたらリボ払いを推してきますが、実はリボ払いって、カード会社にとってかなり大きなメリットがある仕組みなんです。

あたりまえですが、金利手数料として私たちが支払うお金はそのままクレジットカード会社の利益となります。また、リボ払いは(分割払いなどに比べ)金利が高いです。

例えば一つの会社を例にとった場合、分割払いの金利が10%〜に対して、リボ払いの金利は一律15%となっています。(設定されている金利はクレジットカード会社によって異なります。)

一括払いよりも分割払いよりも、リボ払いにしてもらったほうが断然会社が儲かるわけですから、カード会社としては当然リボ払いをおすすめしたいわけです。

リボ払い地獄から脱出する為には

現在すでにリボ払いを利用していて、すっかり リボ払いありきの生活になってしまっている人も多いでしょう。

支払いの終わりが見えず、支払い残高や金利手数料の額は膨らむばかり…!まさにリボ払い地獄ともいえます。

それでは、どのようにしてリボ払い地獄から抜け出すことが出来るのでしょうか?

  • まず、現在の支払い残高がどのくらいになっているのか把握しましょう。
  • 次に、すでに支払っている、また、これから支払う予定である金利手数料の総額を知り、もったいないという意識を持ちましょう。
  • 余裕があるときはできるだけ繰り上げ返済を行って、できるだけはやく元金を減らしましょう。

そもそもリボ払い地獄に陥ってしまわない為に、基本は分割払いや一括払いでの買い物をおすすめします。

やむを得ない事情があってリボ払いを利用する場合は、支払い総額がいくらになるか把握し、繰り上げ返済をこまめに行って できるだけ金利手数料をおさえるよう努力しましょう。