アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > トリビア > アコムのCMの歴史を解説!その2

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

トリビア

アコムのCMの歴史を解説!その2

これまで、消費者金融のCMといえば、中堅どころの芸人さんやグラビアタレントを起用する事が一般的でした。それには、きちんとした理由があります。

消費者金融ってどうしてもイメージが良くないですからね。基本的に有名タレントさんにはあまり好まれる仕事ではなかったようなのです。

ただ、業者側もイメージアップのためにずっと大物のタレントさんを起用しようとはしていたみたいなのですが、やはり、タレント側からなかなか「OK」は出ませんでした。

消費者金融のCMタレント事情の変化!

ですが、その状況が一変する事態が2つおきました。

まず、一つは、アコムがCMに起用した小野真弓さんです。彼女自身が、それほど有名なタレントと言うわけではなかったのですが、このCMを機に一気に大ブレイクしたのです。

それだけではなく、余り世間に知られていないグラビアタレントをうまく起用する事で、企業のイメージをUpさせるという効果もうまれました。


もうひとつが、グレーゾーン金利問題です。この問題で、消費者金融業界は経営的に大打撃を受けました。過払い請求が大きく影響し、黒字だった業績が数百億円単位の赤字に落ち込んでしまいます。


ですが、この事件をきっかけに金利を正しく設定しなおす業者が増えた事、また、大手の消費者金融業者と言われている業者までもが、銀行の傘下に入ったことなどで、経営面での透明化が一気に進みました。


その結果として、これまで起用する事が出来なかったような有名タレントさんもCMに起用できるようになったのです。


ここ数年でいうと、

アコム・・・タモリさん
レイク・・・山田優さん
もビット・・・桃井かおりさん、竹中直人さん


各社、起用できるタレントのレベルが急激に上がっているのが分かると思います。ただ、この裏には、タレントさんが所属している芸能事務所側の思惑もありました。

今は芸能プロダクションもなかなか厳しい時代です。それに、各企業も不景気のため、広告費を削減するようになってきました。


昔は、人気タレントなら1本のCMで5000万や3000万の契約料が当たり前だったのが、その契約料も最近は急激に下がってるといいます。

なので、タレントさん側(事務所側も)「CMであればいい」という風潮が出てきているわけですね。


そんな流れを受けて、アコムのタモリさんの起用となったわけです。これは、CM業界にかなり衝撃を与えました。うがった見方をすると、タモリさんの所属している芸能事務所がかなり経営難なのではないかという噂もあったほどです。

何せ、長年「お昼の顔」として君臨してきたイメージもあるわけですからね。

ただ、CM放映後もタモリさんのイメージが悪くなったようには感じませんでした。つまり、CM出演は凶とは出なかったのではないかと思います。


CMは時代を映しています

CMって、その時代を映す鏡です。

昔は、消費者金融業界=よくないイメージだったため、大物のタレントを起用することが出来ませんでした。

一時期は、タレントすら起用する事が出来ずに、アニメキャラでCMを制作していた時代もあります。その結果として、むじん君というスーパースターが生まれたわけですが(笑)


今は、とても不景気な時代ですので、生活を脅かさない程度に消費者金融を活用する事が当たり前の時代になってきています。

そのため、消費者金融業者の制作するCMも、他の業種のCMと同じように、知名度の高いタレントを起用するようになりましたね。その方が、消費者金融のイメージも良くなるはずです。