アコムの裏側情報や口コミ

アコムの裏側Check! > サイトの使い方や評価 > アコムの「3秒診断」で色々な項目を入力⇒結果を徹底検証してみた

>>口コミから選ばれた最新人気キャッシングランキングを今すぐ見る!

サイトの使い方や評価

アコムの「3秒診断」で色々な項目を入力⇒結果を徹底検証してみた

スピーディーな審査が評判のアコム。

特に公式ウェブサイトの「3秒診断」は、簡単な入力で融資の申込みが可能かどうかすぐにわかるので便利です。

それでも、
「実際に自分の属性を入力するのは抵抗がある」
「私の属性ではきっとだめに違いない」

そんな心配を抱えているあなたのために、あらゆる条件を入力し、どんな条件だと申込みが難しいのかを調べてみました。

これによりおおよそ、どのような属性だと審査が難しくなるのかがわかると思います。

3秒診断で問われるのはどんなこと?

3秒診断で問われることは以下の5項目です。

1・ 生年月日
2・ 性別、独身か既婚か
3・ 保険の種類
4・ 他社での借入れ件数
5・ 借入れ合計額

漏れなく入力し、診断開始ボタンを押します。ここまで、本当に3秒あれば終了します。

診断結果は、

  • 「融資可能と思われます」 → 今すぐネットで申込み
  • 「お客様のご入力情報では、お借入れ可能か判断できませんでした」 → 電話で問合せ
  • の2通りに分かれます。

    それでは、いくつかの属性を入力し、項目ごとに結果をまとめてみましょう。

    生年月日、性別、独身か既婚か

    3秒診断では、まず初めに生年月日を入力します。

    昭和18年以降、および、平成5年生まれ(それぞれ現時点では3月)までは融資可能と結果が出ました。キャッシング利用者に最も多いとされる20代から50代の方は、第一関門を問題なくクリアできます。

    つまり、貸付対象者として定められている「満年齢20歳以上69歳以下」であれば融資が可能です。

    性別については女性だから、男性だからという理由で融資が不可能になることはありません

    同じく、この時点では独身か既婚かによって融資の可否が決まることもありませんでした。

    保険の種類

    保険の種類は、

  • 社会保険
  • 組合保険
  • 共済保険
  • 日雇保険
  • 船員保険
  • 国民健康保険
  • 社名入国民保険
  • 以上、7種類に分かれます。

    しかし、保険の種類によって融資不可能という結果が出ることはありませんでした。

    貸付条件には年齢とともに「安定した収入のある方」とだけありますので、雇用形態や職種に関わらず、保険に加入していれば審査の第一段階には影響がないようです。

    安定した収入のある配偶者を持つ専業主婦や、両親の元で暮らす方なども、なんらかの保険に入っていれば融資が可能という結果になります。

    借入れ件数、合計金額

    他社の借入れ状況は融資の可否を大きく左右し、同条件でも、借入れ先の件数とその合計金額によっては、融資の判断は不可能という結果が出ます。

    色々と条件検索をすることで、融資可能なボーダーラインは、

  • 借入れ件数 3件まで
  • 合計金額 800万円以下
  • ということが分かりました。

    たとえ借入れ件数を1件と入力しても、合計金額が801万円以上になると「借入れ可能か判断できませんでした」というメッセージが表示されます。

    同じように、たとえ合計金額が10万円であっても、借入れ件数が4件となると融資はできないという結果が出ました。

    結局、3秒診断で融資不可となるのはどんな人なの?

    以上の結果を見ると、3秒診断の時点で融資不可能と断定される方は、

  • 満年齢20歳以下、70歳以上の方
  • 4件以上の借り入れ先から融資を受けている方
  • 801万円以上の融資を受けたい方
  • ということが分かりました。

    このうち、年齢については確実な数字が規定されていますので、電話で問い合わせてみても状況は変わりません。

    上記以外の条件が満たされずに「融資可能かどうかの判断ができない」という結果が出た場合は、まだ可能性はあると言えます。

    「お電話でもご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい」というメッセージ通り、電話で直接問い合わせ、状況を相談してみると良いでしょう。

    また、借入れ件数や合計金額が基準を満たしていない場合でも、この時点では勤務先および職業や年収、雇用形態、居住形態、家族構成などの具体的な項目については詳しく問われていませんので、その他の状況によっては融資可能となる場合もあります。

    逆に、3秒診断で融資可能という結果が出ても、実際に借入れできるかどうかはまだわかりません。次のステップである申込みフォーマットで詳しい情報を入力して初めて本審査となります。

    希望する融資金額や理由によっては貸付けできないという答えが返ってくることもあるでしょう。

    3秒診断はあくまで年齢と、他社での借入れが極端に多くないかをチェックされるもののようです。